カルピスの歴史を簡単にまとめました!

カルピスの歴史を簡単にまとめました!

アレルケアを生み出したカルピス株式会社ですが、代表的な商品は『カルピス』です。

 

誰もが知っていると言っても過言ではないカルピスですが、そのカルピスはどのようにして誕生したのかを調べ簡単にですがまとめてみました。

カルピスというと夏は冷水で割ったり、かき氷のシロップとしたり、冬場にはお湯割りで心も身体も温まる飲み物としてなど、季節を問わずいただける万能な飲み物として、お子様からお年寄りまで人気です。

 

最近では、カルピスをお酒で割る、カルピス割りなども人気となっています。

 

 

そんなカルピスですが、その歴史を知っている人はそう多くないようです。

 

そこでお子様からお年寄りまでに好まれるカルピスの歴史を、簡単に説明します。

 

 

明治35年、後の創業者となる三島海雲が中国に渡航したことに端を発します。

 

彼は長旅ですっかりと疲れ切ってしまったのですが、モンゴル民族に振る舞われた酸っぱい食べ物で、そんな体調不良はすっかり回復、それどころか、若い頃から悩んでいた不眠なども解消されたといいます。

 

このモンゴルで飲んだ、発酵した乳酸をヒントに乳酸菌飲料を誕生させたのです。

 

 

カルピスの発売は大正8年7月7日。

 

七夕の天の川をイメージしてパッケージには水玉がデザインされたのです。

 

 

このようにカルピスの歴史を紐解くと、創業者の三島海雲の存在と経験がなければ、乳酸菌飲料が登場することはなかったことがわかります。

 

もし、彼がモンゴルに行かなかったら、今の日本で販売されていなかったのかと思うと、歴史とは数奇なものですよね。

 

 

そしてここから乳酸菌などの研究を行い、ようやく完成したサプリメントが『アレルケア』だということです。

 

アレルケアは長年の研究と実績を積み重ねた結晶ですのでとても信頼のできる健康食品といえるのではないでしょうか。

 

 

アレルケア 口コミ トップページ

 

 

カルピスのアレルケアに関するQ&A

 

 

アレルケア 口コミ 運営者情報