アレルケアの成分とは?話題の乳酸菌「L-92乳酸菌」も配合!

アレルケアの成分とは?話題の乳酸菌「L-92乳酸菌」も配合!

アレルケアとはどんなサプリメントなのか、その成分について解説します。

 

アレルケアの成分

 

アレルケアの成分とは?

 

アレルケアは、主に「L−92乳酸菌」のサプリメントです。

 

L−92乳酸菌の正式名称は、「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」というもの。

 

カルピス社の長年にわたる独自の研究から発見された、貴重な乳酸菌のひとつです。

 

乳酸菌とは、ブドウ糖から乳酸を作り出す細菌の総称で、その働きごとにたくさんの種類に分類されます。

 

そんな乳酸菌のひとつ、L−92乳酸菌はアレルギー症状の改善に効果が期待される成分として注目されています。

 

しかも、牛乳やヨーグルトなどの一般的な乳製品からは摂ることができないことから、このようにサプリメントとして摂る必要があるためアレルケアは誕生したのです。

 

 

L−92乳酸菌について

 

L−92乳酸菌がどのような働きをするのかについて説明します。

 

L−92乳酸菌は免疫細胞のバランスを整え、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和するということが、たくさんの研究により明らかになりました。

 

とくに多くの人が悩まされる花粉症の症状(目のかゆみ、鼻水鼻づまりなど)に対する実験では、L−92乳酸菌を約8週間、継続して摂取し経過を観察したところ、L−92乳酸菌の摂取によって不快症状が緩和されたという人が顕著にみられたということです。

 

 

また、小児アトピーに対する実験でも、L−92乳酸菌の摂取が皮膚のかゆみなどの皮膚症状の改善に有効だったというデータも報告されています。

 

このように、L−92乳酸菌は体の中から免疫機能に働きかけ、自分が持っている抗アレルギー作用を引き出してくれる働きがあるのです。

 

また、アレルギー症状やアトピーの症状に直接的に有効であると証明された乳酸菌なので、薬に頼りたくないけれど症状を軽くしたい人や体質を根本から改善したい人にはピッタリといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

アレルギー症状はかゆみや痛みなどを伴うので不快感が大きく、悩んでいる人にはとてもつらいものです。

 

薬で症状を抑えるのではなく、自分自身の持つ免疫作用を高めて、アレルギーに負けない体づくりができれば理想ですね。

 

花粉などアレルギーの原因となる物質をなるべく体に入れないような環境を整えたり、健康に気を付けたバランスの良い食生活や規則正しい生活を心がけることもまた、大切です。

 

そんな健康づくりのサポートとして、L−92乳酸菌を摂り入れてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

アレルケア 口コミ トップページ

 

 

アレルケアは楽天やamazon、ドラッグストアや薬局で買える?

 

 

アレルケアのこども用と普通のものとの違いは?